种花家的小小兔 金色盾牌大爱无言 文艺青年节主编 ''虎嗅蔷薇''小组
当前位置:花开世界

舆论抗议“违宪” 安保法案事态急转直下

2015-06-09 21:42 来源: 东北新闻网 作者: 加州清光 分享 分享到搜狐微博 分享到网易微博

  安保法案の成立を確信していた安倍自民党が焦りだしている。憲法学者3人が“憲法違反”と揃って明言したことで、世論のムードが一変してきたからだ。“自衛隊員のリスク”や“事態の具体的要件”といった各論ばかりで、チンプンカンプンだった国民も、“そもそも違憲の法律を作っていいのか”という本質に気づき始めた。国民をケムに巻いて、数の力で押し切ろうとした安倍シナリオが狂ってきた。

  自三名宪法学者一致公开承认安保法案属于“违宪”以来,给舆论造成了不小的冲击,令确信安保法案能够通过的安倍自民党成员十分焦虑。其中包括“扩充自卫队的风险”、“事态的具体情况”等各矛盾言论,就连不明就里的普通市民也开始意识到政府颁布违宪的法律有违常识。作风强硬的安倍已无力继续镇压国民,其自导自演的剧本已经被打乱。

  この週末、安保法案に対する批判が各地で一気に広がった。

  6日、都内で開かれた“立憲主義の危機”シンポジウムは700人収容の会場から人があふれ、1400人が詰めかけた。7日に大阪弁護士会が開いた野外集会には4000人が参加、“集団的自衛権はアカン”と訴えた。

  本周末起,全国各地开展了针对安保法案的声讨活动。

  6日在都内召开了《立宪主义的危机》研讨会。本来只能容纳700人的会场竟挤进了1400人。7日有4000人参加了大阪律师协会召开的野外集会,并声称“集体自卫权,不可!”

  一方、自民党も7日、国民の法案への理解を深めようと谷垣幹事長が都内で街頭演説したが、“戦争反対”“帰れ”の怒号に演説がかき消される事態に。

  衆院での法案審議のスケジュールも自民のもくろみから大きくズレ始めている。当初は週3回、1日7時間の審議で6月第3週までには80時間を超える計算だった。ところが、安倍首相のヤジや閣僚の曖昧答弁、委員長の強行運営に野党が反発。委員会が空転したうえ、8日も開けず、安倍官邸が想定していた今月24日までの会期内の衆院通過は絶望的だ。

  另外,自民党谷垣干事长于7日在都内进行街头演讲,试图加深国民对法案的理解。但群情激愤,群众高喊“反对战争”、“下台”等口号,演讲被迫中止。

  自民党的野心在众议院法案审议的过程中也经受了较大打击。当初预计每周三回、每日7小时的审议,在6月的第3周之前将超过80小时。但由于安倍首相被喝倒彩、再加上阁僚回答暧昧,使得野党对委员长的强硬做法提出了强烈抗议。现委员会形同虚设,8日也未能如期召开,当初安倍官邸所预计的本月24日前能够顺利通过众议院审议的美梦如今也变成了泡影。

  会期延長は既定路線だが、とうとう自民党内からは“6月中に衆院を通過させられなければ、法案成立は危うくなる”(ベテラン議員)という声まで出始めた。

  こうなると数の論理で諦めムードだった野党も本気を出さざるを得ない。剛腕の小沢一郎氏も動きだした。

  会期延长已成定局。终于自民党内的资深议员开始表态,若6月底无法通过众议院审议,那么法案极有可能无法成立。

  基于此理论,野党也不得不拿出看家本领。素有铁腕之称的小泽一郎氏也开始有所行动。

  すでに維新の党の松野頼久代表は小沢氏と会ってアドバイスをもらい、民主党の岡田克也代表も小沢氏と急接近している。9月に予定される小沢氏の地元の岩手県知事選で、現職の達増知事を野党共闘で推す計画も進んでいる。

  维新党代表松野赖久会见小泽氏并交换了意见;民主党的冈田克也代表也积极向小泽氏靠拢。小泽氏所在的岩手县将于9月举行知事选举,现任达增知事也积极推行与野党联手的计划。

  民主や維新内部では、“安倍政権の倒閣をめざして野党共闘を強める必要がある。2度の政権交代を実現した小沢一郎さんの知恵を借りるべきだ”という意見も広がっている。

  民主、维新二党内部普遍认为,为推翻安倍政权,需要与野党并肩作战。为此需要向2次实现了政权交替的小泽一郎先生虚心求教。

  小沢氏は本紙のインタビューで、“安保法制だって、委員会で机を突き飛ばしてでも反対する、っていう騒ぎになったら、そう簡単にいかない。マスコミも報道するし、国民の関心も高まる”と語っていた。安保法案が成立しなかったら、安倍政権は一気に瓦解していく可能性が高い。

  小泽氏在本报记者采访中表示:“即使是安保法制,在委员会的强烈反对之下也无法顺利进行。况且,现在国民对新闻媒体的报道也十分关注。”如果安保法案无法通过审议,那么安倍政权极有可能面临土崩瓦解的危机。

责任编辑: 花千芳